カンボジアからの外国人研修生なら

カンボジアからの若者が日本の企業で働くと言う制度が現在存在しています。


これは日本という国が推進している制度として外国人技能実習生制度と呼ばれています。


東南アジアを中心とする地域の若者を日本に招き、全国各地の企業の中からいずれかの企業に勤める形で様々な機能を獲得していくということを目的とした国際貢献活動の1つです。
日本の産業技術を実際に体験する形で1年から3年と言う比較的長期間にわたって経験することができます。

このような外国人研修生はカンボジア以外にも様々な国から日本に訪問してきていると言う状況があるのです。外国人研修生として来日したカンボジアなどの若者は、外国人研修生としての期間を過ぎれば母国に戻ることになります。母国に戻ってからは外国人研修生として学んできたことを活かして働くことになるのです。

そのための技能実習であると考えられています。

しかしながら日本で働くことにより学ぶことになるのは産業技術だけではありません。日本語を始めとする様々な文化に関する体験は日本とのつながりを強くすることができるでしょう。

カンボジアの外国人研修生の基礎知識をご説明をしたいと思います。

このような経験は将来的に日本が東南アジア各国に進出していく際に大きなプラスとなって返ってくると考えられているのです。



日本の文化を知り、日本人と一緒に働いたことがあると言う経験は日本のビジネスパートナーとして非常に有利に働くことになります。このような人材を1人でも多く育成していくことがこの研修生制度の目的の1つともなっています。