カンボジアからの外国人研修生の特徴

日本は外国人労働者の数が諸外国に比べるとさほど多くはありません。
しかし、最近になって外国人研修生を受け入れる企業がかなり増えてきています。

この外国人研修生の受け入れは海外の人材を育成することによる国際貢献にとどまらず、他にもメリットがあります。

カンボジアの実習生について親身になってアドバイスいたします。

それは、社内の活性化です。

若く意欲のある人材である研修生を受け入れることで社内の雰囲気はよくなりますし、新たな人材への技術指導は業務内容の振り返り、見直しにも繋がります。そして、そんな外国人研修生を送り出す国の中で近年多くなっているのがカンボジアです。



ではなぜカンボジアからの研修生は増えているのでしょうか。

その特徴とメリットをご紹介します。

カンボジアの最大の特徴は、国民の大半が仏教徒であることです。もちろん日本の仏教とは違うところもありますが、礼儀作法や目上の人を敬うところなど、やはり文化的に日本に近く、馴染みやすいのはメリットだと言えるでしょう。

また、食文化的にも米が主食であり、食の面でも馴染みやすいのは大きい要素です。
さらに、カンボジアからの外国人研修生は日本に対して良いイメージを持っていることが多いようです。

これは、内戦が続き国が荒れた後の復興時に、地雷撤去や技術供与などの援助を日本がかなりおこなってきたことが大きな影響を及ぼしています。

支援に対する恩返しと同時に、現地で見てきた日本の技術に憧れを持っている方が多くいます。



文化的にも日本に馴染みやすく、日本へのイメージも良いカンボジアからの外国人研修生は、これからも増えていくことが予想されています。