カンボジアから外国人研修生を受け入れるメリット

近年、国際化の波は日本にも押し寄せてきており、街中でも外国の方の姿をよく見かけるようになりました。
また、企業や店舗でも外国の方が多く活躍しています。
そんな中、企業でもてはやされているのが外国人研修生の受け入れです。

海外進出の足掛かりという意味も含めて積極的に利用されているこの制度では様々な国から様々な人材が日本を訪れています。
そしてその中でも送り出し元の国として人気なのが、カンボジアです。

しかし、カンボジアからの外国人研修生はなぜ人気なのでしょうか。


それにはいくつかの理由があります。

まず一つ目は、カンボジアという国の特徴です。


この国は実は国民のほとんどが仏教徒という特徴があります。

カンボジアの技能実習生が最近話題になっています。

ですので、調和を重んじたりするといった部分などで、日本の環境に馴染みやすいのです。


しかも、外国で生活するにあたって重要な食文化についても、箸を使い、米を主食とするということも日本との共通点です。



食の違いに馴染めずに早期帰国となることはよく聞く話なので、この点からもカンボジアからの外国人研修生が人気なことがうなずけます。

また、この国では長く内戦が続いていた歴史があります。


そしてそこからの復興に対して日本が技術、資金の面で多くの援助をしてきたということがあり、日本に対してとても良いイメージを持っている方が多くなっているのです。

このため、訪れる外国人研修生は日本への恩返しの気持ちを持っていたり、高い日本の技術を習得しようという意欲が高かったりということもあります。

このようにカンボジアからの外国人研修生の受け入れは、馴染みやすさの点とモチベーションの高さの点においてメリットがあるのです。